SIMフリー端末で自由に事業者を選べる

###Site Name###

これまで携帯会社は限られた携帯会社の寡占状態にありました。しかし、携帯端末がSIMフリーの携帯電話が販売されるようになってから携帯電話の契約会社の選択肢が大幅に広がるようになりました。

そもそもSIMフリーとは何かという点を理解していないと、何故これ程までに話題になり、若い方を中心に大手携帯事業者から乗り換える方が急増しているのか理解することが難しいでしょう。

これまで携帯事業者は自社で契約をしてもらった顧客に携帯端末を販売する際にキャリアロックをかけて、自社のサービスしか利用できないように制限をかけていました。

SIMを利用してみる価値はありますよ。

しかし、総務省からの通達により、これまで自社のサービスに固定するように設定していたキャリアロックも解除され、海外では既に一般的だったSIMフリーの携帯端末を日本国内でも手に入れることが出来るようになりました。
現在では携帯専業の事業者以外からも事業に参入する企業が増加しており、特に格安SIMという名前は、様々な場所でプロモーションも多く展開されていることから聞いたことがある方も少なくないでしょう。


格安SIMの拡大はこれまでの携帯事業者に変わって新興の事業者が参入してきた結果です。これまで携帯電話の毎月の料金は1万円前後で推移してきました。
しかし、LINEなどのSNSを利用する方が増加傾向であり、若い方の場合電話そのものを使用せずにインターネットさえ使用できれば良いという利用者も多いものです。



携帯電話端末もインターネットの利用に特化した場合、月額の携帯利用料金を格安SIMカードに変更して利用会社を変更することで格段に安く出来る可能性があります。価格設定の安い事業者の場合、月額2000円ほどから利用できるプランも珍しくはありません。


会社の携帯とプライベートでの携帯を分けて2台持ちされたい方や、お子さん向けに初めて持たせる携帯端末としても利用価値が高いサービスになります。

また、データ通信量金に関しては、大手携帯事業者の場合高額な月額料金に設定されている場合が多く、格安SIMの事業者に変えて、データ通信量を多く使いたい方向けのプランに設定することで、月額の利用料金を大きく削減することが可能になる場合もあります。



1ヶ月の利用料金でも大きな違いになるということは、年額になるとさらにまとまった金額になり、家族で利用をされている場合はそれが2人分、3人分になりますので、既存のサービス料金に不満を持っている方にとっては事業者の変更を検討されても良いでしょう。また、格安SIMの事業者の場合、これまでの大手携帯事業者のように、契約の開始から2年などといった契約期間を過ぎないと解約がままならないといった自由度の低い契約内容を採用していない場合もありますので、良いサービスを提供する事業者があればどんどん乗り換えていきたいという方にも格安SIMの事業者の提供するサービスは向いています。