若者がお中元を送り出したわけ

お中元はお世話になっている人に贈る夏の風物詩ですが、最近の若者はお中元を贈らないと言います。携帯電話のメールで代用できる年賀状のように日本の古い風習は、若い人にとって馴染みのないものかもしれません。しかし、最近は若者がお中元品を購入するケースが増えてきたと言います。その理由は何でしょうか。

お中元といえばお肉のギフトや調味料、和菓子などが定番の品物ですが、人気のものは老舗のものが多くそれが若者を遠ざけていました。また贈り方にはマナーがあり、礼を失すると相手方に失礼に当たることも関係しているでしょう。さらに、時代とともに食や贈り物の嗜好は変わっていきます。そうめんや和菓子は定番の贈り物ですが、今の若い人にとってそうしたものが喜ばれるとは限りません。

こうした理由により「若者のお中元離れ」はあったと言われています。しかし、近年は新しいギフト品が次々と登場し若い人向けの商品も増えてきました。和菓子だけでなく洋菓子のバリエーションも増えて、若い世代にあうギフトが選べるようになってきました。贈り物に困った時はカタログギフトや商品券といった商品を選ぶケースも増えています。

何を贈ったらいいか分からなくなったとき、カタログギフトや商品券は自分で商品を選ぶことができて便利です。このようにプレゼントの仕方は変わってきており、より若い人にとっても贈りやすい環境が整備されてきていると言えます。親しい人やお世話になっている人に感謝の気持ちを伝えられる行事なので、ぜひ参加してみてください。お中元のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です