お中元を贈る時期は地域によって違う

お中元を贈る時期は地域によって違い、西日本だと7月中旬~8月15日までで東日本は7月上旬~15日までが一般的です。表書きは立秋までなら暑中御見舞で立秋以降は残暑御見舞に変えて、贈り先が目上の方だと暑中御伺い・残暑御伺いとなります。7月上旬から8月15日ごろまでがお中元の期間になりますが、立秋などを過ぎると残暑御見舞いまたは、残暑御伺いになるので注意です。お中元の相場ですが3、000円~5、000円程度が一般的で、特にお世話になった方だと1万円以上ものを贈ることもありますが、あまり高額だと逆に相手へ気を使わせることになります。

お互いに負担にならない程度の物を贈るのが常識です。贈る時には事前に家族構成や相手の好きな物などを聞いておいてから品を選ぶことが大事で、例えばアルコールが苦手な方にお酒を贈っても喜ばれません。また、夫婦二人だけなのにたくさんの量が入っている物も困るので、事前に人数や子供がいるかなども調べておくといいです。贈る品や贈り先にも配慮がされていれば気持ちは伝わりやすく、事前に受け取れる日時など相手の予定の確認や消費期限が短い食品を贈る時も相手が必ず受け取れるか、忙しくて荷物が受け取れないなら賞味期限が長いビールやお菓子、のりなどを選ぶことも必要です。

心遣いがあるのとないでは相手に与える印象も違い、相手の状況を考えてから選ぶことが一番大切になります。一度始めると続けることも大事で、個人でもビジネスでも今までと今後の関係も考えてから誰に何を贈るか決めていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です