お中元を贈るときのマナーについて

お中元を贈る時のマナーですがめったに会うことがない遠方の親戚などだとわかりにくいこともあり、まず注意したいのが贈り先様の好みや家族構成です。贈り先様が昔からお酒が好きだからと言って現在も同じように飲んでいるとも限らないため、その時はお酒を贈っても良いか確認したほうが無難です。家族構成で妊娠中の人がいる時もコーヒーだと飲めないのでこの場合も失礼がないようにします。贈り先様が現時点で受け取って喜ぶ品を選ぶことが重要です。

贈り先様が丁度入院している場合だと、退院が近いならお中元のお届け日に注意です。せっかく贈っても不在だと配達業者は約1週間ぐらいで返却扱いになって送料を往復分負担することになります。退院時期がわからないならお中元ではなくて御見舞として持参したほうが相手も喜んでくれます。お中元だと定番はビール・洗剤・ハム・そうめん・産地直送の生鮮食料品が多いですが、近年は珈琲が貰いたい商品のランキングにも入ってます。

ここで大事なのは自分が贈りたい品ではなくて、相手が受け取って嬉しいものです。例えばグルメが好きな上司だと有名なお菓子や産地直送お取り寄せグルメなど、両親なら母の日・父の日と連続してギフトを贈ります。何を贈ればよいか迷ったときは相手が好きなギフトを選べるカタログギフトがおすすめで、プレゼントには贈答品以外にレストランの食事や旅行、エステなどの癒し体験など体験型の贈り物もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です