お中元の時期と地域差

お中元といえば、ビールやジュースを贈り合う夏の年中行事として理解している人が殆どかと思います。けれどこの正確な時期について、自信を持って答えられる人はどれだけいるでしょう。7月だという人もいれば、6月から8月までだと答える人も居るでしょう。まずお中元の時期は、実は地域によってまるで異なります。

都心や関東では7月15日までをお中元とし、それ以降は立秋まで暑中御見舞いとなり更に先は残暑御見舞いと使い分けが必要になります。これが他の地域では8月頃までお中元だったり、旧暦の7月15日をお中元とする為に毎年時期が異なる場所もあります。夏場に贈り物を用意するのは大変気を使う作業です。毎年ビールやジュースでは味気無いからと、多少日持ちのする話題のギフトを選んだところで送り先の時期を間違えていたなんて事では悲しすぎますよね。

相手方のお住まいとその時期を調べてから、贈り物は選ぶ様にしましょう。贈る側のマナーとして相手のお好みをリサーチするのは勿論、受け取る側の予定も出来れば伺っておきたいですね。贈り物は相手に喜んで貰えるのが、何よりも一番です。失礼の無いよう正しい時期を調べるのもそうですが、贈り相手が気持ち良く包みを開いて貰える様なマナーを身に付けましょう。

そこにプラスで相手の喜ぶ顔を思い浮かべながらギフトを選べたら、完璧です。毎年決まったものをローテーションで送るのではなく、日頃の感謝を込めてあなたの選んだ素敵な贈り物をしてあげ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です