お中元に込められた意味や起源

お中元は夏の季節に贈るため、アイス・ゼリー・そうめん・メロン・桃など清涼感がある品物が人気です。年のはじめから中元まで半年間お世話になりましたという感謝の気持ち、暑い夏にお体は大丈夫ですかという心づかいの意味もあります。お中元の中元とは中国の道教の三元の一つ中元からきていて、古代中国は道教の三官大帝信仰があって三官大帝は下界に下って人々をおさめるため神の誕生日にあたる、上元(1月15日)・中元(7月15日)・下元(10月15日)に、人は廟を訪れて日頃の罪の許しを乞って厄をはらって幸せを預かることを祈ってました。道教だと人間贖罪の日であり、一日中火を焚いて神を祭る盛大なお祭りを行っていたと言われてます。

この神は人の色々な罪を許すとの伝説もあって、中国の信徒は中元の日に一日中火を焚いて自分が犯した罪を懺悔しました。火の懺悔の後はその罪ぼろしのために、近隣の人たちへ贈り物をしたとされていてこれがお中元の源になったとされます。仏教が日本に伝わってくると7月15日の中元と盂蘭盆会がお盆の行事となって、その時に子どもから親へ魚なども贈りました。このころはまだ家族の間に限定されていて、そうめん・米・塩サバなどを贈答品として手渡す風習があってこが中元と合わさってお中元という日本古来の文化になったそうです。

室町時代には公家の間で広まり、江戸時代に庶民に馴染がある慣習へと変化しました。その時代に贈答品として重宝されていたのがそうめん・うどんなどの乾麺で、商人たちが決算期の中元やお歳暮の時期にお得意様へ手拭いなどの粗品を配布したことも贈答の活性化に繋がったと言われてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です