お中元を賢く選ぶ方法

お中元は1年の上半期に当たる7月から8月の間に、目下の者からお世話になった目上の方へと贈る風習です。中元は中国の風習のひとつで「上元」は1月15日、「中元」は7月15日、さらに10月15日を「下元」としていました。お中元はもともと先祖の供養をする日となっていましたが、日本に伝わりお盆とも重なるためお世話になった方々への「感謝」を表わす日と変化して広まりました。相手の方が喪中であってもお中元はお祝いではないので、贈る事は可能です。

ただし、水引などを赤と白ではなく、白無地のしや短冊を掛けて贈ります。お中元の費用としては、大体5000円ほどとされます。家族や親族であれば3000円ほど、仕事などでお世話になった目上の方では5000円から1万円と考えておきましょう。品物選びには一番頭を悩ませる部分ですが、家族構成や好みを考慮することが失敗を減らせます。

暑くなってきた時期なのでのど越しがよく食べ易い水菓子や、子供がいるならばジュースなども喜ばれる品物です。お酒が好きな方であれば手に入りにくいクラフトビールや、冷やで美味しい日本酒なども楽しんでもらえるかもしれません。暑さで体力も落ちてしまうので、食べ易いひやむぎだけでなく高級和牛などを贈るのも気が利いていると仕事に有利になる可能性もあります。どうしても品選びに迷ってしまったら、カタログで相手にお好きな品ものを選んでもらうこともひとつの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です