映像制作会社の仕事内容

映像制作会社の仕事は、制作・演出・技術・美術などに分かれており、それぞれの部署で複数のスタッフが働いています。制作の仕事のトップに就いているのはプロデューサーです。プロデューサーがチームを仕切って、映像制作を進めていきます。映像制作会社の予算を組んでスケジュールを立てたり、スタッフや役者を集めるのも、プロデューサーの仕事になります。

代理店やクライアントと交渉を行うのもプロデューサーの仕事なので、映像制作会社の中で大きな役割を果たします。演出を行っているスタッフは、映像の内容を作るのが仕事となっており、技術スタッフや美術スタッフに指示を出します。技術スタッフは、照明やカメラなど機材のオペレーションを担当しています。美術スタッフは、俳優が着る衣装や背景になるセットなどを作るのが仕事です。

美術は大道具と小道具に分かれており、舞台全体を作るのが大道具、舞台の中で使われる家具や家電などを用意するのが小道具の仕事となっています。最近では、美術にCG(コンピューターグラフィックス)が用いられることも多く、映像制作会社の仕事のやり方が大きく変わってきています。映像制作会社では、それぞれの部署のスタッフがチームを組んで、ドラマやドキュメンタリーなどを制作しています。映像のジャンルが変わると、撮影の仕方や作業の進め方などが大きく異なってきます。

時代の変化に伴って、次々と新しい映像表現が生み出されています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です