SIMについて考え豊かな生活を送ろう

###Site Name###

現代社会においてスマホなどの携帯電話は生活する上で必要不可欠なものになっています。

携帯電話の加入台数は日本の人口を超えていることから分かるように、その重要性は明らかです。

学生から社会人、お年寄りに至るまでさまざまなシーンで使われます。


今後も生活の中に携帯電話が中心になることは間違いないでしょう。

しかし、携帯電話を利用するには月々の利用料金が発生します。



ローンとは違い、利用している間ずっとかかるものです。

だからこそ月々の支払いはシビアに考える必要があるのです。



景気が低迷してから久しいだけでなく、今後増税の波が押し寄せます。


家計が圧迫されることは間違いないでしょう。
趣味や外食に使われる出費は我慢すれば何とかなりますが、携帯電話の通信費はなかなか削ることはできません。
「携帯電話を持たない」という選択肢もあるかもしれませんが、このご時世現実的であるとは言えません。

通信費を少しでも安く抑えるためにも携帯端末とそれに内蔵されているSIMカードについて知る必要があります。
かつて携帯電話の契約はいわゆる大手のキャリアが独占していました。

消費者はそれぞれのキャリアから携帯電話を買い、利用し続けてきたのです。

料金プランもほとんど同じで差別化がはかられていないというのが現状でした。

携帯端末にはSIMカードが内蔵されています。SIMカードというのは、電話番号やID番号などの情報が入っており、それをもとに「個人の」携帯端末として機能を果たすのです。

つまりSIMカードがなければ携帯端末を使うことはできないのです。

キャリアを変えるとSIMカードも変更しなければなりません。

それまでに使っていた携帯端末はその時点で利用できなくなるのです。

そして新しい端末もキャリアの変更と同時に購入しなければならず、端末代が料金に上乗せされることになっていたのです。



2015年以降、各キャリアはSIMロックの解除が義務づけられました。

その結果、キャリアを変更しても、今まで使っていた携帯端末を使い続けることが可能になったのです。
これ以降、新規キャリアが増えて「格安スマホ」が人気になりました。

新規参入したキャリアは回線などのインフラが弱く、サポートシステムも大手に比べて十分であるとは言えないデメリットがありますが、大手キャリアの回線を利用することでインフラ整備にかかる設備投資を抑え、料金に反映させることができたのです。

もちろん大手キャリアにはそれなりの強みがあり、これまでの実績に基づいた信頼があります。

新規参入型のキャリアは「格安」という強みがあります。
「格安だから」という理由で安易にSIMを変更するのではなく、個人個人の携帯電話の利用実態をよく分析して、自分にあったキャリアを選択する時代になってきたのです。
今後も長く付き合っていく携帯電話であるからこそ、最適なキャリアを選ぶことが豊かな生活を送るうえで大切な事なのです。