格安SIMの安さについて

格安SIMの安さについて

###Site Name###

MVNO業者の提供している格安SIMの安さは多くのユーザーを魅了しています。
その安さはMVNO業者の企業努力や仕組みの違いによって実現されています。


MVNO業者は大手キャリアの通信回線を安く使わせてもらい、その削減されたコストを料金に還元しています。

MVNO業者にしてみれば多くのユーザーに利用してもらえれば十分な儲けが出るわけです。実際に同じようなプランであれば、大手キャリアの3分の1程度の料金で提供しています。

MVNO業者はデータ通信をメインの事業としているため、電話料金に関しては大手キャリアとほとんど変わりません。
しかし電話をあまりしない人にとっては格安SIMは向いています。



大手キャリアでは必ず電話プランを契約してからデータ通信プランも契約する仕組みです。

MVNO業者はデータ通信プランを契約しなければ電話プランを契約できないようになっています。


このように両者には電話とデータ通信についての考え方に違いがあります。

大手キャリアは電話通信事業として始まった会社ですから、電話を安い料金で利用してもらうのが目的です。


対してMVNO業者はインターネット事業から始まった会社ですので、インターネットを安い料金で提供することが目的となっている点に違いがあります。



また大手キャリアでは1GBあたりの通信料金は一定ではありません。


それに対して格安SIMは1GBあたりの料金はある程度一定です。



つまり大手キャリアのプランでは多くの容量を使う人は得ですが、少ない容量しか使わない人にはあまりメリットがありません。

そもそも大手キャリアの通信料金が高いのは基地局や収容局などの維持費が高いからです。
日本全国でスムーズな通信を可能とするために常にメンテナンスを行う必要もあります。


しかしMVNOには基地局や収容局を維持する必要はありません。


独自の施設を持つ必要がないので高額な費用もかからないというわけです。MVNO業者が必要としているのはデータの送受信を適切に仲介する通信設備だけです。

MVNO業者は大規模な設備を大手キャリアから借りることで大幅なコスト削減を実現しています。大手キャリアはMNO業者と呼ばれることがありますが、MVNO業者とMNO業者は通信設備を持っているかどうかで判断できます。

MVNO業者は格安SIMをオリジナルサービスで提供できるメリットがあります。

例えば価格の安いスマートフォンと格安SIMをセットにして売り出したり、格安SIMだけを単体で販売したりということもできます。

同じようなプランを提供しているMVNO業者であっても通信速度には差が出てきます。

それはMVNO業者がインターネットへの接続をサーバーを経由して行っているからです。

従ってそれをチェックすればMVNO業者がどれだけサーバーにコストをかけているかが分かります。

それらの点を考慮して自分に合った格安SIMを見つけることが納得できる契約に繋がります。