格安スマホの普及のポイントは格安SIMにある

格安スマホの普及のポイントは格安SIMにある

###Site Name###

月額の基本料金やデータ通信費用がこれまでの大手キャリアでの価格よりも安く、場合によっては半額以下で使える用になる格安スマホが各所で話題となっており、移行についての興味を持っている人も多いことでしょう。

しかし「格安」というインパクトのある単語が目立ちがちで、肝心のサービス内容についてや大手キャリアとの違いについてしっかりと説明できる人はそれほど多くはないというのが実情です。

格安スマホはどちらかと言えば通信機器に強いヘビーユーザー向けと思われがちですが、契約している人の年齢層や性別を見るときわめて幅広い層に受け入れられておりますので、やはり安さという観点は最重要項目の1つであると考えられるでしょう。
そのような状況から、格安スマホであっても大手キャリアで契約する場合との大きな違いは無いと考える人が多いことも意味します。



もちろんサービスの充実度や実店舗の多さなどでは大手キャリアに一日の長があるのは明らかではあるものの、一般的な通信状況や機器の使用感などはそれほど実感として違いを認識するほどのものではありません。

格安スマホを積極的に選択することを視野に入れても良いと言えるでしょう。そこで、格安スマホの最も重要なポイントを確認しておきまししょう。格安スマホに挿入されるのは「格安SIM」となります。

SIMカードとは、その端末がどのよう契約でどの通信会社を利用するのかという情報を記録してあるICカードのことで、通話やデータ通信時には必ず必要となるものです。



回線情報が記録されていることで、これまでは契約したキャリアの端末でしか使用することができず、別の端末にそのカードを挿入しても利用することができないというSIMロックがかけられていました。

しかしユーザーの通信会社の選択を自由に行えるようにするべきであるという考えのもと、総務省の通達によってその状況が変化することとなりました。
それによって、いわゆるSIMフリーの端末が出現し、大手キャリアの通信網を利用して通信ができるSIM、つまり格安SIMを利用することで利用料金を大きくを引き下げた格安スマホが普及して現在に至っています。

自社端末においては他社のSIMカードを使えないようにしていたSIMロックが解除することができるようになり、各キャリアでも条件を満たしていればその場で手続きができるようになりました。
NTTドコモの機種では2011年4月以降発売の端末、ソフトバンクとauの場合は2015年5月以降発売の端末で解除が可能となっています。

詳細を調べたい場合には機種の製品番号で検索をかけると可否がわかります。



SIMフリーの騎手を利用してMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる業者が大手キャリアよりも低価格な通信料で提供しているSIMカードが普及したことにより、格安スマホの利用者が大きく増えました。

この傾向は今後も続くものと見込まれており、さらなるプランの充実や料金の引き下げなども期待できるといえるでしょう。