格安SIMでスマートフォンの利用料を節約する方法

格安SIMでスマートフォンの利用料を節約する方法

###Site Name###

スマートフォンを毎月低コストで維持したいと考えている方の間で、格安SIMを利用した運用方法が主流になっています。

これまでスマートフォンといえば大手キャリアで購入し、毎月契約した料金と通話やデータ通信に使った料金を支払うのが一般的でしたが、その利用方法では1か月あたり1万円近くコストがかかることも少なくありません。


格安SIMを使って運用することでその利用料金を半額以下にすることが出来るとして、コスト意識の高いユーザーの間で人気が高まっています。

格安SIMはプロバイダー各社から提供されているサービスで、月々のデータ使用量が少ないライトユーザーから動画や音楽のダウンロードを頻繁にするヘビーユーザーまでニーズに合わせたプランが提供されています。

格安SIMの特徴は、白ロムと呼ばれる端末にカードを挿入し、簡単な設定をすることでキャリアのスマートフォンと遜色ない使い心地を得ることが出来る点にあります。
日本では大手キャリアは3社ありますが、各社ともロックをかけているため自社の通信網を使っている格安SIM出ないと通信が出来ない特徴があります。


SIMフリーと呼ばれる端末にはこのロックがかかっていないため、どのキャリア系の格安SIMを挿入しても利用することが出来るとして重宝されています。



キャリアで契約しているスマートフォンでは毎月最低でも7000円程度は費用が掛かりますが、格安SIMを利用した方法では1か月あたり1000円台で利用することが出来ます。

プロバイダー各社では独自の様々なサービスを提供しており、ヘビーユーザー向けに大容量のデータ通信を格安ですることができるサービスが人気です。



ライトユーザー向けには1GBの容量を1か月あたり数百円で提供しているプロバイダーもあり、自分のライフスタイルに合わせた選択肢があるのもキャリアで契約するスマートフォンとの違いと考えられています。格安SIMは、インターネット上か店頭で契約することが出来ます。殆どのプロバイダーではカードは借り受ける形で手数料を始めに支払い、毎月利用料金を支払います。

データ通信だけでなく、通話やSMSが出来るカードもありますので、通常のスマートフォンと遜色ない使い心地が特徴です。

インターネット上で注文をすると数日後にカードが届きますので、そのカードを端末に挿入し、簡単な設定をすることで利用可能になります。



この方法でスマートフォンを運用するとデータ通信のみの場合1か月あたり1000円程度で利用可能になります。最近では格安SIMのサービスに通話機能がついているのが一般的になり、通話し放題など通話に特化したサービスを提供している業者も増えています。


こうしたサービスを利用することで、ますますキャリアで契約するスマートフォンと遜色ない使い心地を実感することが可能になり、価格はキャリアのスマートフォンの4文の程度に抑えられるケースもあります。