今注目されている格安SIMで料金安くなった

今注目されている格安SIMで料金安くなった

###Site Name###

生活をしていく中で必ず毎月かかってくる費用が有ります。光熱費もそうですが、スマホを持っている方がほとんどという時代ですのでその料金というのもかかってきます。

小学生でも持っているお子さんがいますし、中高生にもなればその所持率はかなり上がっています。



キャリア(ドコモ、エーユー、ソフトバンク)と言われている3社で契約をすると月1万円近くはかかります。
家族全員で持つとなるとその費用も大きくなりますので、家計のことを考えてもできるだけ節約をしたいものです。
そこで今注目されているのが格安SIMです。
格安SIMという言葉はよく聞くけれど、いったいSIMとはなんなのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

SIMカードとは、電話番号を特定するための固有のID番号が記録された、携帯やスマートフォンが通信するために必要なICカードのことです。
このICカードを挿入することによって今使っているスマホや携帯電話にしても、新しく契約した格安プランで使用することが出来るようになります。



SIMカードは大きさが3種類あります。
標準タイプ、ミクロタイプ、そしてナノタイプと3つですが今はナノタイプがメジャーです。


機種によって対応しているカードの形状が異なりますので、購入の際にはあらかじめ確認をしておくことが必要です。

プロバイダでSIMカードを購入すればすぐにつかえるようになると思っている方もいるかもしれません。

しかしそれが出来ないこともあります。


出来ないケースというのはSIMロックがかけられている端末の場合です。

キャリアのスマホですと、このロックがかけられていることがほとんどですので、まずはロックを解除するということが必要となります。



ちなみに2015年5月より前はロック解除ができないこともありました。

しかしそれ以降は総務省より各キャリアに通達があり、ロック解除の義務づけされましたので解除をしてもらうことができるようになりました。

キャリアの縛りも無くなりますし、好きなプロバイダからプランを選択するということができますので選択肢も増えます。

ちなみにロック解除をしますと、キャリアでついている保証もなくなってしまいますのでその点は了承した上で解除をしてもらいましょう。3000円ほどの手数料で行うことが出来ます。

ロック解除が必要ないSIMフリー端末というもあります。

こちらですとSIMカードを挿入してすぐに使えます。

wifiモデルに関してはSIMカードを入れることができないものもあります。電話はできるけれど電話番号がついていないもの、またwifiがないと通信が出来ないタイプのものです。格安SIMを利用することで、かなりプラン的に安いものが選択できます。


メリットも大きいですが、電波状況はキャリアの場合よりも悪くなる事もありますし、通信の際回線が混みあっていると速度が遅くなると言ったデメリットもありますので要注意です。