格安SIMとは何か?

###Site Name###

この頃、格安SIMという言葉を聞いたことがある人も多いかと思います。

これは、キャリアなどのネットワークを自社で持っている会社からネットワークの一部を借りてユーザにサービスを提供している会社になります。


そのときに、端末に指すものがSIMになります。


そして、値段がキャリアなどと比べてかなり安いことから格安SIMという言葉が生まれてきました。



では、この格安SIMのメリットやデメリットはなんでしょうか。メリットに関しては、とにかく安いことが上げられます。
キャリアでは、携帯料金が月7000円近い値段になりますが、この格安SIMであれば月2000円近い値段になりますので、毎月5000円も安くなることになります。

では、デメリットは逆になんでしょうか。この格安SIMに移るに当たって最大の壁になるのがキャリアメールが使えなくなることでしょう。
現在では、クラウドのメールサービスも多くありますので、キャリアメールが使えなくなっても大した問題がない場合が多いです。

しかしながら、過去にこのキャリアメールを使っていたことによって簡単にこのキャリアメールから抜け出せない人が多くいます。



また、キャリアメールだと、PUSH通知によってメールの着信に気づくことができますが、他のクラウドサービスだとこれがしにくい状態があります。

実際には、アプリなどで設定することによってPUSH通知を飛ばすことも可能ですが、それには一定のスマートフォンに対する知識が必要になります。
このあたりが格安SIMへ移行するための壁になっているでしょう。



次のデメリットとしては、端末の値段が高額になることも上げられます。
先ほど、キャリアの通信値段が月7000円とありましたが、これは実質的には端末の値段が含まれていることになります。

キャリアで端末を購入すれば、実質無料に近い値段で購入することが可能ですが、格安SIMであれば端末補助はありませんので、すべて自分自身で端末の値段を払う必要があります。

端末の値段は、キャリアで購入すれば隠れてしまいますが、端末の価格はキャリアのものであれば最低でも7万円近いものになります。
逆にいえば、2年に1回端末を購入する人にとっては、そこまで金銭的なメリットを受けることができない可能性が高いでしょう。
もう一つのデメリットとしては、ネットワークが重い時間はキャリア以上にネットワークが重い可能性が高いことも上げられます。
これは、キャリア側がネットワークを絞っているのが理由になりますが、ネットワークが重い時間帯である昼休みなどで使いたい人であれば向かないといえるでしょう。


このように、デメリットは様々ありますが、古い端末を長く使う人にとってはこのデメリット以上に月5000円安くなるという大きなメリットが存在します。

一定のスマートフォンに対する知識は必須とはいえますが、それさえあれば格安SIMへの移行も考えてもよいでしょう。